チームを超えて雑談の幅を広げるチャットスタイル!「STUDY ROOM」をご紹介

こんにちは!働き方広報企画室です。

毎回のご紹介になりますが、アールアールジェイは2020年2月25日から在宅勤務へ完全切替しており、2021年6月現在も引き続き在宅勤務が中心です。

本ブログでは在宅勤務中の様々な取り組みをご紹介しており、前回は雑談や会議を行う際に使用している「Gather.town」についてご紹介しました!
詳しくはこちらをご覧ください!
在宅勤務のコミュニケーション不足解消!?「Gather.Town」のススメ  
今回は会話ではなく、チャットを用いた社内のコミュニケーションについて共有します!
調べ事をしたり、日常生活で良いニュースを発見したり、「この情報を共有したい!」そう思った経験はありませんか?
そんなとき、アールアールジェイでは「STUDY ROOM」というチャット板を用いて情報共有をしています。
「STUDY ROOM」とはカジュアルに情報共有を行える場で、チームを超えて雑談の幅が広がっています!

このチャット板では、具体的に下記のような内容を投稿しています。

  • 購入した書籍等のシェア
  • 資格取得報告
  • 勉強している内容の報告
  • セミナーの報告
  • 最新技術動向のトレンドの共有

仕事の合間に、メンバーが気軽に投稿してくれています✨

私もこのアイディア素敵だな!と思った作品や記事があったら共有をしています。

投稿をした記事にはスタンプを押して反応していただけるので、投稿する側もうれしい気持ちになります!
(私はバンザイをしているスタンプがお気に入りです✨)

また、先輩方が得た知識を吸収できる場はとてもありがたいです!
このチャットで得た知識を実際の業務に活かすこともしばしば…!
仕事をする際に参考にしているサイトなどは人それぞれなので、他の方が参考にしているものを見るのは勉強になります。

 

しかし、このチャットは知識の共有のみではなく、「一見業務に関係のない記事」についても共有をしています!
例えば…

  • 「チャットこそ空気を読むな」と言う理由
  • リングフィットアドベンチャー、腰痛に効く??
  • 日本の本格推理小説、英米で静かなブーム

一見業務に関係のなさそうな内容ですが、顔を合わせる機会がなくなった分共通の話題を気軽に社員で共有できるのはいいことだと思います!
何でもない会話を共有することで、組織の一体感も生まれているように感じます😊
また、こういった雑談から仕事のアイディアが生まれることもありますよね!

アールアールジェイでは、システム開発、アプリ運用、Webサイト制作、CMS導入、動画配信/編集、オーディオブック制作など多岐にわたってお仕事をさせていただいております。
よって、一見システム開発には関係ないようなアイデアが、新しいお仕事に繋がるということが多々あったりするのでSTUDYROOMは貴重な意見交換の場にもなっています!
日々、自分の引き出しを増やしていきたいと思います。

 

「会話」、「文字」それぞれのコミュニケーションを上手に使いながら、より良い組織になるよう働き方広報企画室でも取り組んでいこうと思います!
皆さんの組織でもチャットの活用で良い方法がありましたら、ぜひSNSでシェアしてくださいね♪